景気動向、基調判断を下方修正アグ スリッポン 内閣府、1

内閣府が6日発表した6月の景気動向指数の速報値によると、景気の現状を示す一致指数(2005年=100)が93.8で、前月より2.0ポイント低下した. 数カ月後の景気を示す先行指数も92.6で同2.6ポイント下がった. これらの結果から内閣府は景気の基調判断を「改善」から「足踏み」に下方修正した. 基調判断を下方修正するのは、東日本大震災があった昨年3月以来1年3カ月ぶり. 一致、先行の両指数の下げ幅も昨年3月以来の大きさで、いずれも3カ月連続の下落となった. 欧州危機などによる世界経済の減速で、海外向け乗用車の出荷が減ったことが響いた. また、百貨店などの販売も、6月は天候がよくない日が多かったことから、買い物に訪れる人が少なかったり、夏物の衣料品が思ったほど売れなかったりしたという. (榊原謙).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>